ANAマイルが貯まる楽天カード
年会費:初年度無料!翌年以降は年1回のご利用で無料。

楽天ANAマイレージクラブカードとは

楽天カードにANAマイレージクラブの機能が一体化したカードです。楽天カードとしての機能・優待特典はそのままに、買物やフライトなどでマイルを貯めることが出来ます。クレジットカード決済時に貯まるポイントは「ANAマイル」と「楽天スーパーポイント」の2つから選択することができます。街の買物ではマイルを貯めて、インターネット通販では楽天スーパーポイントを貯めたいという方におすすめなカードです。

すでに楽天カードをお持ちの方は申込できません

楽天ANAマイレージクラブカードと楽天カードとの2枚持ちなどはできません。既に楽天カード・楽天PINKカードを持っている方は、楽天e-NAVIの「楽天ANAマイレージクラブカードへの切替」より変更申し込みの手続きができます。

また、楽天ANAマイレージクラブカードにはゴールドカードの提供はありません。 空港ラウンジを利用する方には「プライオリティ・パス」が無料発行される「楽天プレミアムカード」の方がおすすめです。

楽天ANAマイレージクラブカードの基本情報

1)カードデザイン

カードデザインは、シルバーとピンクの2色から選択できます。

2)カードの基本情報(楽天カードとの比較)

※黄色部分は楽天カードと共通しています。

基本情報
 
楽天ANA
マイレージクラブカード
楽天カード
新規発行手数料
無料
年会費
初年度無料
※2年目以降は年1回のご利用で年会費540円(税込み)が無料になる。
永年無料
年齢制限
満18歳以上(高校生を除く)
国際ブランド
VISA、MasterCard、JCBから選択できる。
ポイント還元率
ANAマイルコース:カード決済で200円(税込)=1マイル還元。 カード決済で100円(税込)=1ポイント還元。
楽天スーパーポイントコース:カード決済で100円(税込)=1ポイント還元。
家族カード
家族カードは年会費無料で追加できる。家族カード利用者は最大5枚まで18歳以上(高校生除く)で生計を同一にする配偶者・両親・子供に限り発行できる。家族カードも本カードで選択したコースのポイントが貯まる。また、家族カードでも本カード同様に、ANAのスキップサービスを利用できる。
ETCカード
ETCカードは年会費500円(税抜)で追加できる。楽天会員ランクがプラチナ以上の方は年会費無料。楽天カード1枚につき1枚のみ、2枚以上のETCカードは発行できません。
楽天Edy(エディ)
Edy機能をつけることも出来ます。別途新規発行手数料300円(税抜)が必要です。キャンペーン時は無料。※ANAマイルコースを選択した場合にも、マイルではなく楽天スーパーポイントが200円につき1ポイント貯まります。
楽天ポイントカード
楽天ポイントカード機能は標準搭載。
楽天カードの保険
海外旅行傷害保険(利用付帯)、カード盗難保険がついている。

クレジットカード利用時のポイントの還元を解説

1)2つのコースから貯めるポイントを選択できる

楽天ANAマイレージクラブカードは、クレジットカードでの支払いで還元されるポイントの種類を2つのコースで選択できます。カード申込み後もコースの選択はできるので、利用状況に応じて変更することも可能です。各コースのポイント還元率と内容は下記のとおりです。

各コースのポイント還元について
 
還元率
内容
ANAマイルコース
0.5%
クレジットカードでの支払い時に200円(税込)=1マイルのマイルが還元される。
楽天スーパー
ポイントコース
1%
クレジットカードでの支払い時に100円(税込)=1ポイントの楽天スーパーポイントが還元される。

2)どちらのコースがお得なの?

楽天スーパーポイントコースを選択した場合にも、楽天ポイントは2ポイント→1マイルに交換することができるので結果的にはどちらのコースを選択しても得られるマイルの総数は変わりません。ただし、楽天スーパーポイントからマイルへの交換は”24時間につき1回50ポイント~1,000ポイントまで”という制限があるため、1000ポイント以上の交換をしたい場合には数日間に分けて手続きをしないという手間がかかります。この手間を省略できるという点ではマイルコースは優れています。

結論:得られるポイント価値としては同等。ただし、マイルコースを選択すると、マイルに交換する手間が掛からないというメリットがある。

楽天ポイントは2ポイント→1マイルで交換できる
ポイント交換には手間と時間がかかる
とくに一日1,000ポイントまでという制限がきつい。

3)ANAマイレージコースを選択した場合の楽天市場での買物

一般的な楽天カードを利用した場合の楽天市場での還元率は3%です。内訳は下記の通り。

楽天市場でのポイント還元の内訳(楽天カード)
 
還元率
ポイントの種類
お買い物
通常ポイント
1%
楽天スーパーポイント
楽天カード
通常ポイント
1%
楽天スーパーポイント
楽天カード
特典ポイント
1%
楽天スーパーポイント ※期間限定ポイント
合計
合計すると3%の還元率になります。

楽天ANAマイレージクラブカード/ANAマイルコース選択時には下記のようになります。

楽天市場でのポイント還元の内訳(ANAマイルコース選択時)
 
還元率
ポイントの種類
お買い物
通常ポイント
1%
楽天スーパーポイント
楽天カード
通常ポイント
0.5%
マイル
楽天カード
特典ポイント
1%
楽天スーパーポイント ※期間限定ポイント
合計
合計すると2.5%の還元率になります。

違う点は、クレジットカードでの支払い時の還元ポイントが楽天スーパーポイントではなくマイルが貯まるという点だけですね。家族カードも本カードの選択コースで指定したポイントが適用されます。ちなみに、楽天Edyの利用、楽天ポイントカードの提示などで貯まるポイントも楽天スーパーポイントとなりますので覚えておきましょう。

楽天関連のサービスで貯まるポイントについて
 
ポイントの種類
楽天Edy
楽天スーパーポイント(2つのコース共通)
楽天ポイントカード
楽天スーパーポイント(2つのコース共通)

楽天ANAマイレージクラブカードだけのメリット

1)ANAマイレージクラブカード機能が搭載される

カード一枚で、楽天カードとANAマイレージクラブカードとして機能を合わせて持っています。楽天ANAマイレージクラブカードにはICチップも内蔵されているので「スキップサービス」を利用して搭乗手続きをすることもできます。

2)カードを利用してマイレージを貯めることができる

ANAマイルコースを選択した場合には、楽天スーパーポイントではなくてマイルが貯めることができます。また、ANAマイレージ会員向けの「ANAマイレージモール」を経由して、楽天市場で買い物をした場合には「200円ごとに1マイル」貯まるので合わせて覚えておきましょう。

電子マネーのチャージでもポイントが貯まる!
電子マネーへのチャージでもポイントを貯めることができます。楽天カードの場合には、国際ブランドでチャージできる電子マネーの種類が異なりますので下記の表に対応状況をまとめてみました。

楽天カードから電子マネーの対応表
楽天Edy
200円につき1ポイント還元。
Suica
モバイルSuicaのみチャージ可能。100円につき1ポイント還元。※2017年11月利用分より楽天カード(JCB)はポイント還元対象外になりました。
nanaco
国際ブランドJCBのみチャージ可能。100円につき1ポイント還元。※2017年11月利用分より楽天カード(JCB)はポイント還元対象外になりました。
au WALLET
100円につき1ポイント還元。
WAON
チャージできません。

楽天ANAマイレージクラブカードのデメリット

デメリットになり得る可能性があるのは下記の2つだけです。基本的に楽天カードの特典は楽天ANAマイレージクラブカードも共通しているので、それ以外の部分で劣る可能性がある部分は見当たりません。

1)年一回カードを利用しないと年会費が無料にならない

楽天カードは年会費無料ですが、楽天ANAマイレージクラブカードは年一回の利用がなければ年会費が540円(税込)掛かります。利用金額などの条件はないので一円でも利用すれば年会費無料になります。

2)ANAマイルコースは楽天会員ランクアップの対象外

楽天ANAマイレージクラブカードのANAマイルコースをご選択のお客様がカードをご利用された場合、ANAマイルに自動交換されるため、ランクアップの対象外となります。楽天スーパーポイントコースを選択した場合には対象になります。

新規入会キャンペーン開催中!

楽天ANAマイレージクラブカードの新規入会キャンペーンはこちら
スポンサーリンク

こちらの記事も合わせてチェック

楽天ポイントを本気で貯めたい方必見の記事!

完全版!楽天ポイントを貯める方法!
楽天ポイントを貯める方法を完全版と言えるボリュームでまとめました。楽天市場での買物から、街の店舗でのお得なポイント獲得方法、公共料金や税金の支払いでポイントを貯める方法まで幅広くご紹介します。続きはこちら:完全版!楽天ポイントを貯める方法!

今週の要チェックイベントはこちら

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

特集記事

楽天のでんきを徹底解説!電気代が安くなるかも!?

2016年4月の電力小売全面自由化により登場した楽天グループの電力供給サービスです。最大の魅力は地域の電力会社よりも電気料金が安くなる可能性があることです。私の場合には年間で5,000円以上!ポイント還元も含めると8,000円以上はお得になりました。切替費用・解約費用等は一切掛かりません。特集記事:楽天まちでんきを徹底解説!メリット・デメリットなど

楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。特集記事:>>続きはこちら