楽天ポイントカードを徹底解説!
使い方、貯め方、使える場所、加盟店、年会費、入手方法まで詳しく解説

楽天ポイントカードとは

楽天ポイントカードとは、街で買物をする際に提示すると楽天スーパーポイントを「貯める」ことができるカード(またはアプリ)のことです。貯めたポイントは1ポイント=1円として「使う」こともできます。楽天ポイントカードは大きく分けて2種類、カードタイプとスマートフォンのアプリタイプがあります。街で入手した楽天ポイントカードは、インターネットを通じて「利用登録」することで利用できるようになります。

楽天ポイントカードは複数枚(15枚まで)登録できる

楽天ポイントカードにはいくつかの種類があるため、一人のユーザーが最大15枚(楽天カード、アプリは除く)まで楽天会員IDに登録することができます。店舗独自の優待特典がついた楽天ポイントカード(プロントペッパーランチなど)などもありますので、使うお店でカードでの使い分けも可能です。

楽天カードは楽天ポイントカード機能が標準搭載

2015年12月17日より「楽天カード」は「楽天ポイントカード」機能が標準搭載となりました。右上のマークが目印です。楽天PINKカード、楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天カードアカデミーなども同様に標準搭載です。現在お持ちのカードについていない場合にも、カード更新・切替の際に自動的に追加されます。また、切替手数料1,000円(税抜)にて直ぐにつけることもできます。

目次

スポンサーリンク

楽天ポイントカードの基本情報まとめ

楽天ポイントカードの基本情報一覧表

新規発行手数料
無料。ペッパーランチなどの有料会員カード、Edy-楽天ポイントカードなどを除く。
年会費
無料。※年会費は掛かりません。
年齢制限
ありません。※楽天カードは18歳以上(高校生を除く)
入手方法
楽天ポイントカードは、楽天ポイントカード加盟店にて販売や無料配布が行なわれています。詳細はこちら:楽天ポイントカードの種類と入手方法
ポイントカードの種類
楽天ポイントカード、Edy-楽天ポイントカード、楽天カード、楽天ポイントアプリの4種類があります。※楽天カードは2015年12月17日より標準搭載となりました。
街で使える場所
楽天ポイントカード加盟店でポイントを「貯める」「使う」ことができます。詳細はこちら:主な楽天ポイントカード加盟店の対応一覧表
対象となる決済方法
現金、クレジットカード、電子マネー、ポイントで全額支払いした場合にも、カードを提示すればポイントが貯まります。
対象外となる購入商品
※一部ポイントが付与されない商品もあります。例:ポプラグループでは以下の商品へのポイント付与・利用は対象外となります。収納代行、たばこ、宅急便、切手/ハガキ/印紙などの非課税商品、チケット、ギフトカード、電子マネーのチャージ
ポイント付与率
加盟店ごとにポイント付与率は異なります。詳細はこちら:主な楽天ポイントカード加盟店の対応一覧表
ポイントの貯め方
レジでの支払いの際に「ポイントを貯めたい」と伝えたあとに「カード」または「アプリ」を提示します。
ポイントの使い方
レジで支払いの際に「ポイントで支払います」と伝えたあとに「カード」または「アプリ」を提示します。


貯めたポイントは楽天グループのネットサービス「楽天市場」「楽天トラベル」などでも共通して利用できます。
楽天IDとの紐付け方法
楽天ポイントカード利用登録が必要です。>>詳細はこちら
登録・紐付けの上限
ポイントカードは15枚が上限。※楽天カード、楽天アプリは含みません。

楽天ポイントカードで扱うポイントについて詳しく

楽天
ポイント
通常
ポイント
楽天ポイントカードを提示して貯まるポイントは通常ポイントです。加盟店で1ポイント=1円から利用することができます。
期間限定
ポイント
加盟店で1ポイント=1円から利用することができます。※利用期限の近い期間限定ポイントから優先して消費されます。
楽天キャッシュ
楽天ポイントカードで使うことも、貯めることもできません。

ポイント反映までの期間
付与されたポイントの反映には数日かかります。加盟店により反映のタイミングは異なりますが、おおむね2日~3日程度で反映されます。獲得したポイントは「ポイント利用獲得履歴」にて確認できます。

楽天ポイントカードのメリット・デメリット

メリット
デメリット
街の買物でも楽天スーパーポイトを貯めたり、使ったりすることができます。現金、クレジットカード、電子マネー、などの決済方法でポイントが付与されます。楽天カードで支払いをした場合には、楽天ポイントカードと楽天カードのダブルでポイントが付与されることになります。 楽天カード、楽天Edyカード、楽天ポイントカード、3枚を別のカードで保有すると、財布のスペースを圧迫するというデメリットはあります。※デメリット解消!?楽天カードは2015年9月17日より楽天ポイントカード機能が標準搭載となりました。一枚で3つの機能を利用できます。

楽天ポイントカード加盟店をピックアップ(貯まる・使えるお店)

ここも要チェック!
店舗限定の優待特典がついたカードが存在する

楽天ポイントカード加盟店から比較的利用できるお店が多い店舗をピックアップしてご紹介します。オリジナルデザインのカードのなかには、そのカード限定の優待特典がついたカードも存在しますので合わせてご紹介していきます。※楽天ポイントカードは最大15枚まで登録可能。

主な楽天ポイントカード加盟店
コンビニ
ポプラ
生活彩家
くらしハウス
スリーエイト
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
レストラン・ファーストフード
マクドナルド
※2017/4/1追加!
貯める:100円(税込)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
ミスタードーナツ
貯める:100円(税込)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
くら寿司
※2017年4月1日追加!
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
カフェ&バー PRONTO
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼プロントには優待特典のついた会員カード(楽天Edy)があります
プロントではプロン党Edy-楽天ポイントカードという、独自の特典がついた会員カードを500円(税込)にて販売しています。カード提示でドリンクが全品10%OFF、バータイムにハイボール、グラスワインが1.5倍増量になるなどの特典があります。>>詳細はこちら
しゃぶしゃぶ温野菜
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
ペッパーランチ
92’s
CABステーキ
炭焼ステーキ・くに
東京634バーグ
武蔵ハンバーグ
貯める:100円(税込)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼ペッパーランチには優待特典のついた会員カード(有料)があります
ペッパーランチでは、独自の特典がついた楽天ポイントカードを108円(税抜)で販売しています。カード特典は対象商品購入の方に、①ソフトドリンク1杯無料、②全品ライス大盛り無料、③トッピング1種類無料、いずれか一つ選択できます。>>詳細はこちら
ガソリンスタンド
出光
貯める:2リットルにつき1ポイント
使う:1ポイント1円
SOLATO 太陽石油
貯める:1リットルにつき1ポイント
使えません
伊藤忠エネクス
貯める:1リットルにつき1ポイント
使う:1ポイント1円
エネクスフリート
貯める:1リットルにつき1ポイント
使う:1ポイント1円
ファッション
coen
※2018年3月15日追加!
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼コーエンでは2つのポイントを貯めることができる
コーエンではコーエンメンバーズカード(入会金・年会費無料)と楽天カードの2枚を提示すると両方のポイントを貯めることが出来ます。>>詳細はこちら
紳士服コナカ
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
家電・パソコン
ビックカメラ
※2018年4月11日追加!
貯める:対象商品(税込)5%還元
使う:1ポイント1円
▼ビックカメラではEdyで支払うと還元率が高い
ビックカメラは、クレジットカードで支払うとポイント還元率がさがるため、「楽天カード」で「楽天Edy」にチャージして支払うと最大限ポイントを貯めることが出来ます。>>詳細はこちら
Joshin(ジョーシン)
貯める:単品200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
ソフマップ
貯める:対象商品(税込)0.5~5%還元
使う:1ポイント1円
百貨店・スーパー
大丸
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
松坂屋
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
大阪屋ショップ
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼大阪屋ショップには優待特典のついた会員カード(楽天Edy)があります
大阪屋ショップでは、大阪屋ショップ会員カードと一体化したEdy-楽天ポイントカードを配布(販売価格などは調査中)しています。大阪屋ショップでは、楽天Edyチャージキャンペーンなど、このカードだけの限定特典などもあります。>>詳細はこちら
マツゲン
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼マツゲンには優待特典のついた会員カード(楽天Edy)があります
マツゲンでは、オリジナルデザインの松源Edy-楽天ポイントカードを店頭にて300円(税込)で販売しています。マツゲンでは、他の楽天ポイントカードでは受けられない限定特などの用意もあるとことです。>>詳細はこちら
フジ
ピュアークック
スーパーABC
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
ドラッグストア
ツルハグループ
貯める:200円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼ツルハグループでは2つのポイントを貯めることができる
ツルハドラッググループでは、ツルハドラッグポイントカード(入会金・年会費無料)と楽天ポイントカードの2枚を提示すると両方のポイントを貯めることが出来ます。>>詳細はこちら
ダイコクドラッグ
貯める:200円(税込)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
▼ダイコクドラッグには優待特典のついた会員カード(無料)があります
ダイコクドラッグでは、独自の優待特典などが受けられるDD楽天ポイントカードを無料配布しています。このカードはDD会員証(要登録)としての機能も一体化していて、医薬品・健康食品などを5%OFFの会員価格で購入することができます。>>詳細はこちら
スポーツ
つるやゴルフ
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
本・CD・おもちゃ
バンダレコード
玉光堂
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
その他サービス
ホワイト急便
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
パレットプラザ
55ステーション
スタジオパレット
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:1ポイント1円
得タク
貯める:運賃100円(税込)につき1ポイント
使う:つかえません
引越は日通
使う:100円(税抜)につき2ポイント
貯める:使えません
アリさんマークの引越社
貯める:100円(税込)につき4ポイント
使う:使えません
サカイ引越しセンター
貯める:100円(税抜)につき1ポイント
使う:使えません
今後追加が予定されている店舗
  • 2018年
    • フジオフードシステム(まいどおおきに食堂など)・・・直営416店(2018年7月予定)
    • ライトオン・・・全国の513店(2018年9月予定)
    • デイリーヤマザキ・・・全国の1,553店舗(2018年秋予定)
    • 幸楽苑・・・全国532店舗(※今冬予定)
  • 2019年以降
    • アルペングループ・・・全国のアルペン 59店舗、スポーツデポ 149店舗、ゴルフ5 196店舗、Mift 13店舗(2019年4月予定)
    • ロイヤルホスト・・・2019年春頃の予定
    • セイコーマート・・・北海道内、関東圏の1,195店舗(予定日未定)
    • コスモ石油・・・予定日未定

ローソンでは楽天ポイントカード・アプリは使えません!

ローソンでは楽天ポイントカード・アプリは使えません!ローソンで利用できるのは、楽天PAYアプリとなります。楽天PAYとは、楽天市場の決済代行サービスのこと。街の楽天市場加盟店で専用アプリのバーコードを提示すると、楽天会員IDに紐付けられたクレジットカードやポイントで支払うことができます。詳細はこちら:楽天PAY

スポンサーリンク

楽天ポイントカードの種類と入手方法

楽天ポイントカード・アプリを合わせて4種類!

楽天ポイントカードには、3種類のカードタイプとスマホアプリがあります。
各カード・アプリの特徴や入手方法についてご紹介します。


楽天ポイントカード(無料で入手可能)

このカードの特徴
いわゆる一般的なポイントカードです。楽天ポイントカード加盟店で販売や無料配布などが行なわれています。カード盤面のデザインは加盟店オリジナルのデザインを提供している店舗もあります。
入手方法
楽天ポイントカードを配布している加盟店にてスタッフに「楽天ポイントカードをください」といえば伝わります。近所に加盟店が無い場合には「楽天ポイントカード/楽天市場販売店」でも入手できます。※有料です。
無料で入手できる店舗
マクドナルド、くら寿司、ミスタードーナツ、ツルハドラッグ、coen、などで無料配布されています。レジ周りなどで無料配布で設置されていない場合にはスタッフの方にたずねてみましょう。それ以外には、出光、Joshin、しゃぶしゃぶ温野菜、紳士服のコナカでも配布しているのを確認しています。ビックカメラ、ソフマップなどは店頭配布はありません。※2018年8月時点。
利用登録
楽天ポイントカード利用登録が必要です。>>詳細はこちら

Edy-楽天ポイントカード(楽天Edy機能付きポイントカード)

このカードの特徴
電子マネー楽天Edyと楽天ポイントカードが一体化したカードです。基本的に有料カードとなっており、無料配布などはありません。注意点としては、こちらの楽天Edyカードは、楽天スーパーポイントを交換してチャージすることはできません。(※楽天スーパーポイントはEdy付き楽天カードまたは、楽天スーパーポイントを貯める設定にしているおサイフケータイにのみ交換できます。)
入手方法
楽天ポイントカードを配布している加盟店にてスタッフに「楽天Edy機能付き楽天ポイントカードをください」といえば購入することができます。値段は一部例外を除き300円(税抜)です。※2018年7月時点。
入手できる店舗
コンビニはポプラ(生活彩家、くらしハウス、スリーエイト)で販売しています。他のコンビニ、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクス、など数件問合せてみましたがいずれも販売していませんでした。他には、プロント(カフェ)、大阪屋ショップ、マツゲンなどは、店舗独自の特典がついたEdy一体型カードの発行をしています。販売価格は共通で店舗により異なります。身近にお店のないは、ネットショップの「Edy-楽天ポイントカード/楽天市場販売店」より購入することができます。こちらは販売価格100円(税抜)にて購入できるのでお値段的にもお得です。※2018年7月時点。
利用登録
楽天ポイントカード利用登録が必要です。>>詳細はこちら

楽天カード(入会金・年会費全無料!)

このカードの特徴
楽天カードとは楽天市場が発行しているクレジットカードです。2015年12月17日より「楽天カード」「楽天PINKカード」「楽天プレミアムカード」「楽天ブラックカード」「楽天カードアカデミー」のすべてに「楽天ポイントカード」機能が標準搭載されることになりました。現在「楽天ポイントカード」機能がない、楽天カードをお持ちの場合にはカード更新や、楽天PINKカードに変更した際に楽天ポイントカード機能が追加されます。楽天カードには「楽天Edy」機能もつけることができ、貯めた楽天スーパーポイントを1ポイント=1円分で楽天Edyにチャージすることもできます。
入手方法
インターネット申込ページより入手可能です。詳細はこちら:楽天カード
利用登録
利用登録は必要ありません。自動的に楽天カードに紐付けられている楽天会員IDに利用登録されています。

すでに楽天カードを持っている状態で楽天ポイントカードの機能をつけたい場合には「こちら」のページを参照してみてください。カード更新時にも楽天ポイントカード機能付きに自動的に更新されます。


楽天ポイントアプリ(無料アプリ)

ここが便利!カードとは違いポイント残高を確認して使える!

特徴
楽天ポイントカードを持っている方も、是非利用してほしいのが楽天ポイントアプリです。スマホ一つで、楽天スーパーポイントを街の買物で貯めることも使う事もできます。また位置情報を許可すると近所の加盟店を地図上で表示してくれる機能がとても便利です。
入手方法
Google Play、Apple Store、にて「楽天ポイント」で検索するとみつかります。
使い方
アプリをダウンロード、楽天ID、パスワードを入力して一度ログインすると、バーコードが表示されます。このバーコードをレジで提示して、楽天スーパーポイントを使ったり、貯めたりすることができます。
利用登録
利用登録は必要ありません。

楽天ポイントカードの利用登録やカードの管理について

楽天ポイントカード利用登録(楽天会員IDとの紐付け方法)

楽天ポイントカード
利用登録とは
楽天会員IDと楽天ポイントカードを紐付けるために必要な作業です。この作業をしないと、ネット上のポイントと街でのポイントを共有することはできません。Edy-楽天ポイントカードは 楽天ポイントカードの利用登録のみで楽天Edyのご登録は不要となります。楽天ポイントカードの利用登録を行っていただければ、楽天Edyでのお支払によりポイントを貯めることが可能です。
楽天ポイントカード
利用登録方法
楽天ポイントカード利用登録」より、楽天ポイントカード番号、セキュリティコードの2つを入力して登録します。一つの楽天会員IDに対して、15枚まで楽天ポイントカードを登録できます。

紛失・無くしてしまった場合の対処方法

楽天ポイントカードを紛失してしまった場合には早急に「楽天ポイントカード登録情報の確認・一時停止・削除・追加登録」より、「一時停止」もしくは「削除」しましょう。カードを削除しても、楽天会員IDのポイントが消えることはありません。一度登録した後に「削除」した、楽天ポイントカードは再度登録することはできません。ハサミを入れて廃棄しましょう。

楽天ポイントカード加盟店で利用する際の注意点

楽天ポイントカード加盟店でのApple Payの利用について

楽天ポイントカード加盟店では、Apple Payの支払いでもポイントを貯めることができます。上記画像はマクドナルドでApple Pay(QUICPay支払い)を使い楽天ポイントカードを提示して購入した際のレシートです。560円の買い物に対して、獲得(貯める)ポイントという部分で5P貯まっているのがわかりますね。楽天ポイントカード分(1%)+Apple Pay分(1%)のポイント獲得できます。ただし、ここからが重要ですが、ポイントを獲得するためにはApple Payで決済をする前に楽天ポイントカード(アプリでもOK)を提示するしなくてはなりません。楽天直営店など、提示不要のお店も存在するかも知れませんが、全ての楽天ポイントカード加盟店で確実に二つのポイントを獲得するためには両方提示しておけば間違いありません。

関連:Apple Payで楽天ポイントを最大限貯める4つの注意事項!

楽天ポイントカードのお得なキャンペーン

楽天ポイントカードに関連するお得なキャンペーンは「楽天ポイントカードで開催中のキャンペーン」より確認することができます。楽天ポイントカード加盟店限定のキャンペーンなどもあります。

スポンサーリンク

こちらの記事も合わせてチェック

楽天ポイントを本気で貯めたい方必見の記事!

完全版!楽天ポイントを貯める方法!
楽天ポイントを貯める方法を完全版と言えるボリュームでまとめました。楽天市場での買物から、街の店舗でのお得なポイント獲得方法、公共料金や税金の支払いでポイントを貯める方法まで幅広くご紹介します。続きはこちら:完全版!楽天ポイントを貯める方法!

今週の要チェックイベントはこちら

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

特集記事

楽天のでんきを徹底解説!電気代が安くなるかも!?

2016年4月の電力小売全面自由化により登場した楽天グループの電力供給サービスです。最大の魅力は地域の電力会社よりも電気料金が安くなる可能性があることです。私の場合には年間で5,000円以上!ポイント還元も含めると8,000円以上はお得になりました。切替費用・解約費用等は一切掛かりません。特集記事:楽天まちでんきを徹底解説!メリット・デメリットなど

楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。特集記事:>>続きはこちら