楽天エナジー・まちでんきについてわかりやすく解説

楽天エナジー・まちでんきとは

2016年4月の電力小売全面自由化に合わせて楽天グループの電力小売事業者である楽天エナジーが提供する低圧電力供給サービスです。電気の供給元は「丸紅新電力」で両者の提携によりサービスが提供されいています。楽天エナジー・まちでんきは低圧電力なので家庭・店舗・事務所向けのサービスです、契約は個人だけでなく法人契約も可能です。電力の供給可能エリアは、北海道電力管内、東北電力管内、東京電力管内、中部電力管内、関西電力管内、中部電力管内、中国電力管内、九州電力管内と幅広いエリアに対応しています。

楽天ポイントが貯まる!

楽天エナジー・まちでんきは、電気の利用に応じて10kWh毎に1ポイント、さらに「楽天カード」で支払いでも楽天スーパーポイントを貯める事ができます。電気の利用状況や料金などはインターネット上のマイページで確認することができるので節電などの目的でも役立てる事ができます。サービスの利用や解約に関係する、切替費用・解約費用等は0円、一切かかりません。

そもそも電力自由化ってなに?という方に簡単に説明すると
電力自由化とは「電気の安定供給の確保」「電気料金の抑制」「電気利用の選択肢や、企業の事業機会の拡大」という3つの目的もと、これまで地域の電力会社で独占的に供給されて電力を自由に販売できるように実施された改革のことです。2000年3月に大規模工場などからはじまり、段階的に領域を拡大したのち、2016年4月に電力小売全面自由化されたことにより現在は一般家庭でも自由に電力を選択することが出来ます。

目次

スポンサーリンク

楽天エナジー・まちでんきのメリット

大きな3つのメリットがあります

まずは現在利用している地域の電力会社(東京電力、関西電力、中部電力等)から、楽天エナジーに変更した場合のメリットからみていきましょう。代表的なメリットは下記の3つです。

  1. 電気料金が安くなる!かもしれない
  2. 楽天スーパーポイントが貯まる!
  3. マイページで電気料金が確認できるので節電にも役立つ!

上記のように3つのメリットがありますが、やはり一番気になるのは電気料金ですね。続けて、楽天エナジー・まちでんきの料金について調査してみたので続けてチェックしてみてください。

楽天エナジー・まちでんきの電気料金について

実際に電気料金はどの程度安くなるのか調査してみました

現在お使いの電力会社と楽天エナジーの料金をシミュレーションで比較することができます。「楽天エナジー」のページにある「電気料金シミュレーション」にて、現在の電気料金の利用状況を入力して比較してみましょう。※下記画像は東京電力(TEPCO)から届く「電気ご利用料のお知らせ」という情報を元に下記の赤で囲まれた部分の情報を入力してみました。

その結果はいかに!?

年間5,112円削減という節約度の高い結果がでました!

実際の電気料金ご使用量のお知らせを元にシミュレーションをしてみると年間で5,112円もお得になるという結果がでました。

家族の多い家庭は更にお得になる可能性が高い

うちの場合には3人家族で電気をあまり使わないように節制をしていますが、もっと家族の多いご家庭や電気の使用量の多い家庭では更にお得になる可能性が高いと思われます。逆に一人暮らしなどで電気の使用量が極端に少ない方、オール家電向けのプラン(東京電力における電化上手及びスマートライフプラン)の方などは変更すると逆に料金が高くなると思われます。

楽天エナジーのポイント還元率の計算について

楽天エナジー・まちでんきを利用した場合に獲得できる楽天スーパーポイントは下記の3つです。「楽天カード」を利用するとグッと還元率が高くなりますね。

基本ポイント
10kWh毎に1ポイント。
楽天カード支払い
100円毎に1ポイント。
キャンペーン
新規入会の特典などのポイント。

料金のシミュレーションの手順はこちら

電気料金だけをさっくりと調べてみたいという方は下記を参考にしてみてください。

パソコンの場合
楽天エナジー」より申込ページに移動したあとに、左上の「RakutenEnergy」でトップページ戻る。移動したページで下にスクロールするとすぐにある「まちでんきについてもっと詳しく」というボタンをクリックする。移動したページで説明文などを飛ばして、ず~っとしたまでスクロールしていくと「電気料金シミュレーション」というボタンがあります。
スマートフォンの場合
楽天エナジー」より申込ページに移動したあとに、左上の「RakutenEnergy」でトップページ戻る。そのあと「まちでんき」というタブにマウスを乗せると電気料金シミュレーションのボタンが表示されます。

デメリットについても徹底調査してみました!

さて契約・・・とそのまえに
本当にデメリットはないのか?調べてみました!

楽天エナジーを実際に利用する際に気になるのは、サービスのデメリットですよね・・・。最期に楽天エナジーにはデメリットはあるのか?その辺りについて詳しく調べてみました。


気になるポイントその2.
楽天エナジー・まちでんきにすると停電が増える!?

答え:増えません。

まず気になるのは、これまでと同じように電気が使えるのか?停電が増えたり不具合がないのか?という点ですね。これに関しては、楽天エナジーを利用した場合にも現在利用している送電線を利用して電気が供給されるため、これまでと変わることない安定した電力が供給されるとのことです。万が一、楽天エナジー(供給元の丸紅新電力)が倒産した場合にも、地域の標準的な料金で電気は供給されるので急に電気が止まるという心配はありません。


気になるポイントその2.
楽天エナジーは解約金は掛かるの?手続きは面倒なの?

答え:手続き不要!解約金0円

実際に楽天エナジーを利用してみて電気料金が逆に高くなってしまった場合・・・。前の電力会社に戻したいと考える事もあるかも知れません。そんなケースで気になるのが解約金ですが、楽天エナジーは解約金は掛からないので心配無用です。これは公式サイトの「解約金は発生いたしません。」に明記されています。ちなみに解約手続きに関しても「他社へお申込みいただき手続きが完了次第、自動的に解約手続きが行われます」と記載されているとおりなので面倒な手続き不要で解約することが出来ます。

楽天エナジー・まちでんきのお申込みはこちら

オンラインからの申込みOK!切替費用・解約費用等は0円、一切かかりません。
新規入会で楽天ポイントがもらえる!お得なキャンペーン開催中!
スポンサーリンク

こちらの記事も合わせてチェック

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天PINKカードを徹底解説!従来カードとの違いなど
2015年5月に追加投入された楽天PINKカードと従来カードの違いを解説します。楽天PINKカードだけの有料サービスにも登録をした体験レポートなども掲載しています。続きはこちら:楽天PINKカードを徹底解説!従来カードとの違いなど

楽天カードからのプチランクアップに最適なゴールド!
2016年9月に追加された(年会費:2,160円税込)の上位カード。楽天カードよりポイント還元率もアップ!でも必要特典だけピックアップしたコスパに優れた一枚。続きはこちら:楽天ゴールドカードを徹底解説!(特典メリットや楽天プレミアムカードとの違い)

全ての特典が充実した楽天プレミアムカードを徹底解説!
楽天ゴールドカードよりさらに特典が充実した(年会費:10,800円税込)のプレミアムなカード。国内・海外旅行保険を充実、世界850以上の空港ラウンジが無料など至れり尽くせりな一枚。続きはこちら:楽天プレミアムカードを徹底解説!(メリットなど)

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

楽天ポイントをガンガン貯めたい方必見の注目記事!

楽天ポイントをガンガン貯めるコツをまとめました!
楽天スーパーポイントを貯めるための情報を詰め込みました!楽天市場でのお得な買物方法から、意外と知られていないポイント入手方法や街でのお得な利用法までわかりやすく解説します。続きはこちら:楽天ポイントをガンガン貯めるコツ!

特集記事

楽天のでんきを徹底解説!電気代が安くなるかも!?

2016年4月の電力小売全面自由化により登場した楽天グループの電力供給サービスです。最大の魅力は地域の電力会社よりも電気料金が安くなる可能性があることです。私の場合には年間で5,000円以上!ポイント還元も含めると8,000円以上はお得になりました。切替費用・解約費用等は一切掛かりません。特集記事:楽天まちでんきを徹底解説!メリット・デメリットなど

楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。特集記事:>>続きはこちら