楽天デビットカードの作り方
年会費無料で作るための基礎知識などを解説!

楽天デビットカードとは

楽天デビットカードとは楽天銀行口座と紐付けられた決算用のカードのことです。楽天デビットカードで買物をすると、楽天銀行口座より即時支払いが完了します。買物額よりも預金額が少ない場合には買物はできません。決済に関する手数料などは掛かりませんが、支払金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まるので現金払いよりもお得です。さらに詳しく:楽天JCB デビットカード

楽天銀行デビットカード(JCB)の概要
決済手数料
0円。掛かりません。
年会費
無料!
ポイント還元率
1,000円の利用で10ポイント貯まる!

楽天銀行デビットカードにETCカードはつくの?

結論から言うと「ETCカード」はつきません。楽天銀行デビットカードは預金口座からの即時決済のカードなので、ETCレーンなど後日決済をするような場所では利用できないためです。他社のデビットカードも同様にETCカードが付帯するカードは現時点ではありません。ETCカードが必要な方は「楽天カード」を作りましょう。

楽天デビットカードを作る前に確認しておきたい基礎知識

楽天デビットカードを作るための条件

楽天デビットカードを作るための条件は「16歳以上の方」と「楽天銀行に個人口座を持っている」という2点だけです。入会審査もないので基本的に誰でも手に入れる事ができます。未成年者・学生(高校生)でも問題なく作ることができます。

楽天デビットカード入会条件まとめ
入会条件
16歳以上(高校生も可)
入会審査
入会審査はありません。基本的に誰でも作れます。
未成年者申込時の親権者への同意
同意の確認はありません。
※楽天銀行口座開設時に同意書の提出は必要。

楽天デビットカードを作るには楽天銀行口座が必要です

楽天デビットカードでの買物は、本人名義の楽天銀行口座より即時引落されます。つまり、楽天銀行口座も合わせて必要という事ですね。楽天銀行の口座開設条件は下記のとおりです。※楽天銀行デビットカード(JCB)は口座開設と同時に申込可能です。さらに詳しく:楽天JCB デビットカード

楽天銀行個人口座開設の条件
居住地
日本に住んでいれば問題ありません。居住地に日本が含まれていること。※居住地国とは、税務上の居住者として、所得税に相当する税をお客さまが納めるべき国を指します。
未成年でも
口座開設は可能なの?
開設可能です。ただし12歳以下の方が申込みする場合には親権者が代理で手続きしてくださいとのことです。

楽天デビットカードは全部で3種類(3種類を比較)

楽天デビットカード種類別の主な特徴は下記の通り。年会費とポイント還元に違いがあります。

年会費無料はJCBだけ!
楽天銀行デビットカード(JCB)が圧倒的にお得!

見てわかるとおり、国内での利用であれば年会費無料で一番ポイント還元も高い「楽天JCB デビットカード」が圧倒的にお得です。特別な理由がなければ、ほぼ一択だと言えるでしょう。ただ海外で利用する場合には「JCB」では加盟店数が心もとないので「VISA」をブランドにした残りの2枚も検討した方がいいかもしれません。

楽天デビットカードJCBの作り方を解説(年会費無料)

1.楽天デビットカードJCB(年会費無料)に申込をしましょう

楽天JCB デビットカード」の申込ページは下記バナーより申込できます。※新規入会キャンペーンの告知なども下記ページにて確認することができます。

新規発行手数料・年会費などは一切無料!審査不要で即時発行可能!
楽天銀行口座を持ってない方、持っている方もコチラの窓口から申込可能
2.申込ページにて楽天銀行デビットカード(JCB)を選択
楽天銀行に口座を持っていない方は下記のような選択項目が表示されます。

すでに楽天銀行口座を持っている方は下記のような選択項目が表示されます。

3.カードが郵送にて届きます
カードの申込みが完了すると数日~数週間程度でカードが届きます。カードが届くまでの日数の目安は下記を参考にしてみてください。

楽天銀行デビットカードが届くまでの日数(目安)
楽天銀行口座が無い場合
(同時に口座開設)
公式サイトにて「口座開設完了後、約1週間から10日ほど後にお届け」と明記されています。口座開設までに約2週間ほど掛かる可能性も含めると、さらに時間は掛かりそうですね。※アプリで本人確認をすれば最短2日程度で口座開設できます。
楽天銀行口座がある場合
公式サイトにて「取引画面でお申込後、約5~7営業日後にお届け」と明記されています。

学生の方は合わせてコチラもチェック!

※2016年11月16日より無料化されました!
学生に朗報!楽天市場で使える”送料無料クーポン”がタダでもらえる!

15歳~25歳までの学生の方は要チェック!楽天市場の送料無料クーポン(年間24枚)などがもらえる、楽天学割の年会費1780円→無料化されました!楽天市場としては将来有望な学生の利用者を増やしたいという目的があるようです。学生の方にとっては嬉しい特典ですね、ぜひこの機会に会員登録してお得な送料無料クーポンなどをGETしておきましょう。詳細はこちら:【学生限定】楽天学割

スポンサーリンク

こちらの記事も合わせてチェック

楽天ポイントを本気で貯めたい方必見の記事!

完全版!楽天ポイントを貯める方法!
楽天ポイントを貯める方法を完全版と言えるボリュームでまとめました。楽天市場での買物から、街の店舗でのお得なポイント獲得方法、公共料金や税金の支払いでポイントを貯める方法まで幅広くご紹介します。続きはこちら:完全版!楽天ポイントを貯める方法!

今週の要チェックイベントはこちら

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

特集記事

楽天のでんきを徹底解説!電気代が安くなるかも!?

2016年4月の電力小売全面自由化により登場した楽天グループの電力供給サービスです。最大の魅力は地域の電力会社よりも電気料金が安くなる可能性があることです。私の場合には年間で5,000円以上!ポイント還元も含めると8,000円以上はお得になりました。切替費用・解約費用等は一切掛かりません。特集記事:楽天まちでんきを徹底解説!メリット・デメリットなど

楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。特集記事:>>続きはこちら