楽天証券でポイントを貯める

楽天証券は利用するとポイントを貯めることができます。ただし、若干わかりづらい部分があるため、よくわからないという方も多いようです。このページでは、楽天証券を利用する上でおぼえておきたいポイントの獲得と利用方法についてまとめてみました。

目次

スポンサーリンク

楽天証券ポイントに関する基礎知識

楽天証券では”楽天証券ポイント”が貯まる

楽天証券では、株式取引や投信積立などの取引によって、主に”楽天証券ポイント”というポイントを貯めることができます。楽天証券ポイントは、主に下記6つの方法で貯めることが出来ます。

  • 株式取引・・・「超割コース」選択で各種商品の取引手数料を1%※大口は2%
  • 投信積立・・・投信積立の販売手数料1%(マネーブリッジをご利用でない方)
  • 投信残高・・・投資信託の保有残高に応じてポイントが貯まる
  • キャンペーン・・・取引やサービスの利用に応じてポイントプレゼント
  • 紹介で貯める・・・ご家族・お友達を紹介してポイントを貯める
  • ハッピープログラムで貯める・・・楽天銀行の利用特典

楽天証券ポイントの有効期限

楽天証券ポイントには有効期限が定められています。最長2年間で毎年4月から翌年3月末までに獲得された楽天証券ポイントは、翌々年の3月末でポイントが失効してしまいます。現在のポイント残高と有効期限は、楽天証券会員サイトで「設定・変更」→「ポイント・楽天銀行連携」→「ポイント残高・交換・履歴」にて確認することができます。

楽天証券ポイントの確認方法・使い方

楽天証券ポイントは交換して利用する

楽天証券ポイントは、そのままでは利用できません。楽天スーパーポイント又は、JMBマイルのいずれかに交換して利用します。続けて、現在の楽天証券ポイントと交換方法について解説していきます。

楽天証券ポイントの確認・交換手順その1
楽天証券にログインした状態で右上の「設定・変更」をクリックする

楽天証券ポイントの確認・交換手順その2
タブのポイント楽天銀行連携をクリックする

楽天証券ポイントの確認・交換手順その3
現在のポイントとポイント交換のボタンが表示される

貰えるポイントの種類は
楽天スーパーポイントに変更できる

楽天証券では、もらえるポイントの種類を「楽天スーパーポイント」に変えることもできます。楽天スーパーポイントに交換して利用する場合には、楽天スーパーポイントコースに変更しておけば交換する手間が無くなります。変更方法は楽天証券会員サイトで「設定・変更」→「ポイント・楽天銀行連携」→「ポイントコース・ポイントによる投資信託の買付け」より変更可能です。

楽天銀行も合わせて利用する

ハッピープログラムでポイント獲得数アップ!

楽天証券を利用する際には「楽天銀行」とマネーブリッジ(口座連携)したのち、楽天銀行ハッピープログラムにエントリーすると、楽天証券の取引でもらえる楽天スーパーポイントが増えます。取引件数の概要は下記の通り。投資信託は残高に応じてポイント付与があるのでエントリー必須ですね。

ハッピープログラムを利用しない場合には
投資信託資産形成ポイントが適用される

楽天銀行のハッピープログタムをエントリー(利用登録)しない場合には、楽天証券の投信積立にて「投資信託資産形成ポイント」が適用されます。「ハッピープログラムと投資信託資産形成ポイントの比較」したデータによると、ハッピープログラムを利用した方がポイントが貯まるという結果が出ています。

まとめ

当サイト推奨
最大限ポイントを獲得するための設定例

楽天証券を利用する際には、下記3つの点について確認してみてください。

  1. 楽天スーパーポイントコースに変更する
  2. 楽天銀行マネーブリッジに設定する
  3. 楽天銀行ハッピープログラムに登録する

1の楽天スーパーポイントコースに変更することでポイントの使い忘れなどを防ぐことができます。2-3は、「楽天銀行」の銀行口座と連携して受けられる特典となります。楽天銀行口座のマネーブリッジ、ハッピープログラムは、国内株式、外国株式、投資信託、個人向け国債、FX、日経225先物、日経225オプション、カバードワラントなどでもポイント付与を受けることができます。※詳細な条件は「公式サイト」を確認してください。

ハッピープログラムを利用しない場合にも、投資信託に関しては”投資信託資産形成ポイント”が楽天証券側より付与されますが、上記のハッピープログラムと比較した結果では、ハッピープログラムの方がお得になる可能性が高いようです。現在の状況は楽天証券会員サイトで「設定・変更」→「ポイント・楽天銀行連携」より確認することができます。

スポンサーリンク

こちらの記事も合わせてチェック

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天PINKカードを徹底解説!従来カードとの違いなど
2015年5月に追加投入された楽天PINKカードと従来カードの違いを解説します。楽天PINKカードだけの有料サービスにも登録をした体験レポートなども掲載しています。続きはこちら:楽天PINKカードを徹底解説!従来カードとの違いなど

楽天カードからのプチランクアップに最適なゴールド!
2016年9月に追加された(年会費:2,160円税込)の上位カード。楽天カードよりポイント還元率もアップ!でも必要特典だけピックアップしたコスパに優れた一枚。続きはこちら:楽天ゴールドカードを徹底解説!(特典メリットや楽天プレミアムカードとの違い)

全ての特典が充実した楽天プレミアムカードを徹底解説!
楽天ゴールドカードよりさらに特典が充実した(年会費:10,800円税込)のプレミアムなカード。国内・海外旅行保険を充実、世界850以上の空港ラウンジが無料など至れり尽くせりな一枚。続きはこちら:楽天プレミアムカードを徹底解説!(メリットなど)

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

楽天ポイントをガンガン貯めたい方必見の注目記事!

楽天ポイントをガンガン貯めるコツをまとめました!
楽天スーパーポイントを貯めるための情報を詰め込みました!楽天市場でのお得な買物方法から、意外と知られていないポイント入手方法や街でのお得な利用法までわかりやすく解説します。続きはこちら:楽天ポイントをガンガン貯めるコツ!

特集記事

楽天のでんきを徹底解説!電気代が安くなるかも!?

2016年4月の電力小売全面自由化により登場した楽天グループの電力供給サービスです。最大の魅力は地域の電力会社よりも電気料金が安くなる可能性があることです。私の場合には年間で5,000円以上!ポイント還元も含めると8,000円以上はお得になりました。切替費用・解約費用等は一切掛かりません。特集記事:楽天まちでんきを徹底解説!メリット・デメリットなど

楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。特集記事:>>続きはこちら