最近よく耳にする楽天ペイって何?
楽天ポイントカード・楽天Edyアプリとも違う新しい決済アプリを解説

楽天PAYとは
街の買物がさらにお得になる新しい支払方法

あなたは「楽天PAY」をご存知ですか?PAY(ペイ)=支払いという意味で、楽天会員が街でさらにお得に買物ができる新しい支払方法として注目されています。このページではそんな楽天ペイの使い方やお得なポイントの獲得方法などをわかりやすく解説していきます。

目次

スポンサーリンク

楽天ペイとは(ポイント還元や使える店舗について)

楽天PAY(ペイ)とは
街のお店でも格安にクレジットカード決済が導入できるサービス

楽天PAYとは、街のお店が格安でクレジットカード決済を導入できるサービスです。オンライン決済でも導入できますが、ややこしくなるのでここでは割愛します。

街の小さなお店の立場で考えてみてください。
数年前までは、お店でクレジットカード決済を導入するにはそれなりの費用が必要でしたが、現在は楽天ペイなどに代表される「モバイル決済サービス」を利用すれば、専用端末とスマートフォン・タブレットとインターネット回線さえあれば、数万円程度でクレジットカード決済が導入できます。つまり、楽天ペイとは、楽天が提供する決済サービスことです。


楽天ペイ導入店舗で利用できる決済方法

楽天PAYを導入している店舗では、クレジットカードカード決済だけでなく、楽天Edy、Suica、ApplePAYなどの非接触型のICチップの決済にも※大部分(一部店舗は電子マネーリーダーの導入がない可能性もあります)のお店では利用できます。また、楽天PAYアプリを利用すれば、楽天スーパーポイントを利用することもできます。


楽天ペイの利用上限(クレジットカード・ポイントの利用上限)

楽天ペイの買物一回あたりの上限は最大50万円とのこです。

ご利用1回あたりの上限金額は最大50万円となります。(楽天会員ランクにより上限金額は異なります)ご利用上限金額は、お客様のクレジットカードご利用可能枠の範囲となります。
>>参照元

ただし、コード表示(ローソンなど)で支払う場合には条件が変わります。詳細は下記の通り。

・1回あたりのお支払い金額の上限は20,000円となります。ただし楽天会員ランクがレギュラーの方は、1回あたりのお支払い金額の上限は4,000円となります。
・ポイントを利用してお支払いされる場合、アプリ上での設定にかかわらず20,000ポイントまで(楽天会員ランクがレギュラーの方は4,000ポイントまで)となります。
・1日あたりのお支払い金額の上限は20,000円となります。
>>参照元


ポイント二重取りも可能!楽天PAYアプリのポイント還元について

楽天PAYアプリを利用すると200円につき1ポイントの還元があります。

たとえば「楽天カード」で支払いをした場合には、楽天PAYアプリ分の200円につき1ポイント+楽天カード決済分のポイントが付与されます。楽天PAYアプリが利用できる店舗では、クレジットカードでそのまま払うよりもダブル(二重取り)でポイントが貰えるのでお得ですね。

まとめると
そのままカードで支払うよりも楽天PAYアプリ経由のほうがお得!

楽天ペイが利用できる店舗
街の小さなお店で利用できる店舗が急激に拡大中!

2017年8月1日より全国のローソンで楽天PAYアプリが利用できるようになりました。楽天PAY自体が、中小規模のお店に向けた”モバイル決済サービス”なので、街のお店(飲食店、美容室、アパレル)などの参加がメインになると考えられます。使える店舗も急激に拡大しているので、楽天ポイントの使い道として確認してみてください。詳細はこちら:街の楽天PAYが使えるお店

楽天ペイの使い方(ローソン・街のお店での買物手順)

街の買物では楽天PAYアプリを利用して支払いをする

楽天PAYアプリ」をダウンロードして会員IDでログインしたのち、楽天会員IDと紐付けられたクレジットカードのセキュリティコードを入力すると利用できるようになります。楽天会員IDに「楽天カード」などのクレジットカードの登録されていないと利用できません。※JCBデビットカードはアプリでは利用できないようです。


ローソンではコード表示でバーコードを提示して決済できる

ローソンでは、アプリを起動後に「コード表示」→表示された「バーコード」をレジで掲示して、バーコードリーダーで読取りしてもらえば支払いできます。

実際にローソンでポイントで買物をしましたが、バーコードを提示して読取りでスムーズな決済ができました。


楽天PAYで支払います!と言った際に
店舗側からバーコードを提示された場合には
街の飲食店・美容院ではこちらの決済方法で支払いをしました

「楽天PAYで支払います」と言った際に、店舗側からバーコードを提示された場合には、楽天PAYアプリを起動して「QR読み取り」を選択して支払いができます。

実際に街のお店(飲食店、美容院)などで利用した際には、上記のようなバーコードを提示される形での支払方法でした。ローソンのように専用のバーコードリーダーなどがないお店では「QR読み取り」での支払いが主流になると思われます。

楽天PAYと楽天スマートペイと楽天ID決済の違いとは

現在は全て楽天PAY(ペイ)に統一されています

現在は全て楽天PAYという名称で統一されているようです。

  • 楽天ID決済・・・楽天市場以外のオンラインショップが楽天市場の決済機能を導入できるサービスのこと。現在は楽天PAY(オンライン決済)と呼ばれているようです。
  • 楽天スマートペイ・・・現在の楽天PAYのこと。現在も実店舗向けの導入ページのアドレスは「https://smartpay.rakuten.co.jp/」となっているのはその名残り。

さいごに(楽天PAYのメリット)

楽天カード会員のメリット
楽天PAYが利用できる店舗では楽天PAYアプリ経由で買物をしよう

楽天カード」会員の方は、楽天PAYアプリが使えるお店では、アプリを利用してカードで支払いましょう。楽天カード決済分のポイントとは別に、楽天PAYアプリ分の200円につき1ポイントも付与されます。さらに「楽天PAYのキャンペーン」なども合わせてチェックしておきましょう。

楽天会員のメリット
楽天スーパーポイントがさらにたくさんのお店で使える!

楽天市場や楽天カードの利用で貯めたポイントの使い道として、楽天PAYアプリを利用すれば街の小さなお店でも使えるようになります。楽天ポイントカードはメジャーな全国チェーンが多いのですが、楽天PAYアプリは街の小さなお店で幅広く利用できるのが魅力です。「楽天ポイントの使い道がみつからない」という方は、ぜひ「街の楽天PAYが使えるお店」をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天PINKカードを徹底解説!従来カードとの違いなど
2015年5月に追加投入された楽天PINKカードと従来カードの違いを解説します。楽天PINKカードだけの有料サービスにも登録をした体験レポートなども掲載しています。続きはこちら:楽天PINKカードを徹底解説!従来カードとの違いなど

楽天カードからのプチランクアップに最適なゴールド!
2016年9月に追加された(年会費:2,160円税込)の上位カード。楽天カードよりポイント還元率もアップ!でも必要特典だけピックアップしたコスパに優れた一枚。続きはこちら:楽天ゴールドカードを徹底解説!(特典メリットや楽天プレミアムカードとの違い)

全ての特典が充実した楽天プレミアムカードを徹底解説!
楽天ゴールドカードよりさらに特典が充実した(年会費:10,800円税込)のプレミアムなカード。国内・海外旅行保険を充実、世界850以上の空港ラウンジが無料など至れり尽くせりな一枚。続きはこちら:楽天プレミアムカードを徹底解説!(メリットなど)

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

楽天ポイントをガンガン貯めたい方必見の注目記事!

楽天ポイントをガンガン貯めるコツをまとめました!
楽天スーパーポイントを貯めるための情報を詰め込みました!楽天市場でのお得な買物方法から、意外と知られていないポイント入手方法や街でのお得な利用法までわかりやすく解説します。続きはこちら:楽天ポイントをガンガン貯めるコツ!

知らないと損!楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。>>続きはこちら