楽天スーパーポイントとの違いをご存知ですか?

楽天スーパーポイント、楽天キャッシュの違いをご存知ですか?両者は貯まる場所も違えば、使える場所などについても違いがあります。このページでは両者の違いについてわかり易く解説していきます。

目次

楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違いを解説

その1.
種別の違いについて

楽天キャッシュは”オンライン電子マネー”つまりお金です。楽天スーパーポイントは”お買物ポイント”なので、ポイントのことです。そもそも、種別が違うということですね。

楽天キャッシュ
オンライン電子マネー
楽天スーパーポイント
お買物ポイント

その2.
両者の機能的な違いについて

両者の機能的な違いは下記の通り。楽天キャッシュはお金という立場なので、人にあげたり、もらったり、現金に換金したりすることができます。

楽天スーパーポイント・楽天キャッシュの比較表
 
楽天スーパーポイント
楽天キャッシュ
価値
1ポイント=1円相当。
貯まる場所
  • 楽天市場での買物
  • 楽天カードの利用
  • 楽天ポイントカード提示
  • ラクマでの売上金の換金
  • 楽天アフィリエイトの報酬受取
  • クレジットカードでの購入
有効期限
最後のポイント月を含む1年間。※通常ポイントの場合。 最後の購入、送信、換金、使用から10年間。
保有上限
上限はありません。
利用上限
1回の買物3万p/一月10万pまで。 1回の買物10万p/一月100万pまで。
交換
  • 楽天Edyへのチャージ
  • ANAマイルへの交換など
交換できません。
譲渡・贈る
できません。
できる。
※送付元に対して54円(税込)手数料。
出金・換金
(現金化)
できません。
できる。
※出金額の10%手数料。

その3.
両者の使える場所の違いについて

注目点としては、楽天キャッシュは楽天ポイントカード加盟店では使えないという点ですね。

 
楽天スーパーポイント
楽天キャッシュ
楽天市場
楽天ブックス
楽天トラベルなど
使える
使える
楽天ポイントカード加盟店
使える
使えない!
楽天Pay加盟店
使える
使える

さいごに

使い道について更に詳しく解説しています

二つの違いについてわかりましたでしょうか?楽天市場の買い物に関しては大きな違いは感じませんが、街の楽天ポイント加盟店での違いなどに大きな違いがありますね。二つのポイントの使いみちに関しては下記リンクも確認してみてください。楽天キャッシュだけの使い道もじつはあるんです。

スポンサーリンク

こちらの記事も合わせてチェック

楽天ポイントを本気で貯めたい方必見の記事!

完全版!楽天ポイントを貯める方法!
楽天ポイントを貯める方法を完全版と言えるボリュームでまとめました。楽天市場での買物から、街の店舗でのお得なポイント獲得方法、公共料金や税金の支払いでポイントを貯める方法まで幅広くご紹介します。続きはこちら:完全版!楽天ポイントを貯める方法!

今週の要チェックイベントはこちら

楽天カードはラインアップも充実!各カードの特徴を解説した記事

あなたは本当に楽天カードを使いこなせてますか!?
楽天カードの特典やメリットについてかなり細かいところまでまとめてみました。本当に楽天カードを活用するために!まずはこちらの記事をご覧ください。続きはこちら:楽天カードを徹底解説!メリットやお得な使い方など

楽天カード、ゴールド、プレミアの3枚を徹底比較!
楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの3枚のカードの違いをわかりやすく解説します。このページをみれば貴方にピッタリの楽天カードがきっと見つかりますよ。続きはこちら:楽天カード、ゴールド、プレミアムの3枚を徹底比較!違いはココだ!

特集記事

楽天のでんきを徹底解説!電気代が安くなるかも!?

2016年4月の電力小売全面自由化により登場した楽天グループの電力供給サービスです。最大の魅力は地域の電力会社よりも電気料金が安くなる可能性があることです。私の場合には年間で5,000円以上!ポイント還元も含めると8,000円以上はお得になりました。切替費用・解約費用等は一切掛かりません。特集記事:楽天まちでんきを徹底解説!メリット・デメリットなど

楽天市場でふるさと納税を一番お得に購入する方法!

楽天市場ほど圧倒的にお得な寄付方法はありません。何と言っても、ふるさと納税の寄付でポイントが返ってくる、しかも戻ってくるポイントの額がデカイっ!これって実質的には住民税でポイント還元を受けているのと変わりませんからね。ふるさと納税を最大限お得に活用するために覚えておきたポイントを解説します。特集記事:>>続きはこちら